snowscootとFlyfishingとフクロウのブログ

GH2とレンズ沼その後

「みなっさーんレンズ沼はまってますか〜?」
おーっ!っていう方は数名程度と思われますが、レンズ沼のその後の様子です。
自分のカメラはMicro Four Thirdsっていう、少数派(?)の規格なので、レンズの種類も少なく自ずと選択肢が限られたせいか、思ったよりもはまりませんでした。合計4本
P1310007

左手前から 7-14mm 14-42mm 45-175mmのズームレンズ、 奥に25mm単焦点レンズ

奥にあるNOKTON 25mmですが、Micro Four Thirdsレンズ群の中では最も小さい f値0.95なので、夜や室内をフラッシュ無し・手持ちで撮れるし、とろっとろのボケが綺麗な写真がとれるので、普段はこれをつけっぱなしです。その代わりにオートフォーカス無しの漢なレンズ
NOKTON25mm
適当に撮っても、いい雰囲気に撮れるのがずるい。レンズの違い(実力)を初めて体感しました。

もう一つよく使うのが7-14mm 野外での開放感や、狭い室内を広く見せたいときには便利なレンズ。

P1040428
7mmっていうと魚眼レベルなんですけど、電子的に補正をかけて湾曲を小さくしてるそうな。
これも含めた魚眼レンズ系って飛び道具みたいなもんで、すぐに飽きてしまうので乱用に注意です。
 
残りの2本は電動ズームレンズで動画撮影用。去年は45-175mmでよく撮ったけど、今年は滑りにすら行けなかったのでまあ、仕方ない。
14-42mmパンケーキレンズはお散歩レンズになるかと思ったけど、NOKTONで撮るのが楽しいので結局あまり使ってない。
 

おお、そうだ。ネットを徘徊していたらこんなの見つけた
photo-main
一眼カメラにかぶせて使う防水ケース。kickstarterで出資者を募ってますが、↓この様子なら大丈夫そう。



ゴムのように柔軟で大人がぶら下がってもちぎれない強度があるみたい。現存の防水ケースに入れても、撮影時に川に落っことしたり、魚に水かけられたりするので、こんなの待ってた。うん。待ってたよ−

商品化したら買っちゃいそうだ。

P1050827

 

Be the first to like.

No tags for this post.

Leave a Comment

Optionally add an image (JPEG only)