snowscootとFlyfishingとフクロウのブログ

足だって汗かくさー



足だって汗かくさ。

レイヤリングって言葉もずいぶん浸透したと思うし、アパレルメーカーからも多くの商品が発売されて、季節やスポーツにあわせて使い分けられる状況になってますが、snowscootやらflyfishingをやっていると、真っ先に冷たくなるのが末端の手足なんですよね。
寒いなーって感じたら、オーバーグローブを足したり、ポケットに手を突っ込んでしのげるけど、足は水に浸かりっぱなし、雪つきっぱなしな上、フィールドで調整しにくいのがつらいところ。
さらに。。外気温が低くても動けば手足だって汗をかく。ちょー汗かく。
だから冷える。
単に厚手のソックスや暖かい靴を履いたところで、汗が肌の近くにある限り冷える。
極端な話、素足でー30℃対応の靴vs レイヤリングした足でー20℃対応の靴
これでー30℃の環境下で数時間行動したらどっちが快適なんでしょうか。ってこと。
保温性だけでなくて汗をどうやって排出するかってのが要なわけです。
自分は冬は
ベースレイヤーにクールマックス素材の薄手5本指→ゆいちゃんの靴下工房
の組み合わせでレイヤリングしてます。
夏も水温15℃以下と冷たいところばかり行くのでほとんど同じ。タイツとウェーダーの厚さを変えるぐらい。
もう、かれこれ5年ほど、速乾5本指+ウールor発熱系で過ごしているけど、冬山では足冷たいと思ったことはありません。-20℃のニセコでも大丈夫だったし。
日本で買うとお高いけど毛玉も出来にくいし、履き心地も良いので、家用と嫁用に1つずつ買い足したほど。
海外通販出来る人は何かのついでにポチるのをおすすめします。
ネットで調べると同じように試してる人がいますね。
やっていることは同じで、
ベースレイヤー、吸水、速乾
ミドルレイヤー、保温もしくは発熱
アウターレイヤー、省略もしくは透湿系
の組み合わせ。
湖での立ち込みの時はアウターにゴアのソックスを足していたけど、ベースとミドルの間に履く人もいる。汗を排出して肌に寄せ付けないという意味ではどちらでもいい気がするが、今度試してみるか。
「こんな良い物あるぞー」とか「こうするといいぞー」とかあったら教えてくらさい。

*バイク用の電熱ソックス+グローブ以外でねw


こんなのもあるけど、ちょっとお高い。
 

Be the first to like.

Leave a Comment

Optionally add an image (JPEG only)