snowscootとFlyfishingとフクロウのブログ

小物制作+ゾンカーフライの収納

毎週水曜は(釣り場へ)出勤だったものです。

先週、今週と釣りにいけなかったので小ネタ投入

なので超ニッチ。ほんの僅かな人にとっては有益なのかも。

 

まずこれ。上から

上;0.9ミリステンレス線を削ったポドキン。

中;銀蝋をボール状に付けたタイプ

下;ダビングツイスター



ボール状にすることで粘性の低い瞬着も適量取ってフライに付けることができる。

ガビガビになったらライターで焼けば綺麗になる。ターボライダーで焼き続けると銀蝋がとけるから注意ね

 

んで、これは分解可能



なので先端だけ複数作っておけば安心。折れちゃっても悔しくない。



3本を筒に入れて遠征用タイイングキットに入れておくことにした。

ちなみに、ワイヤーのホルダーは職場で古くなったものをもらってきた廃品利用。俺えらい。

次。

 

・大型のゾンカーフライの収納

スペイキャスト、スカジットキャスト、アンダーハンドキャストなど非オーバーヘッドキャストの繁栄は、重いフライを安全にトラブル無くキャストできるようになった。

一方、ダーティフォーのようなフライが考案されたことで、重くてフックに絡みやすいために「動きはいいんだけどね」と敬遠されてきたラビットスキンを使った大型のフライパターンが再び注目を浴びている。(自分だけ?)

 

イトウを狙うときはドジョウやヤツメウナギを模すために10〜20センチのラビットスキンを使うが、水を含んだベロベロ、ぐちゃぐちゃのラビットスキンはまったくもって収納しにくい。

適当にフライBOXにいれると他のフライも水浸しになって錆びてしまう。

 

みんなどうしてんだー?って思いつつ自己流で収納してた。


使ったあとはペットシートで挟むと乾くの早いです。

今年はこのラビットリーチというパターンで6匹のイトウを釣った。(7匹中・・だけどね)

これを熱収縮チューブ(直径10ミリ)に入れる。ホームセンターで1メートル200円ぐらいで切り売りしてる。

トレーラーフックが大きければ直径12ミリにしてもいい。



こんな感じでスッキリまとまる



チューブを入れるBOXを厚くすれば、もっと収納できる。

取り出したり収納するときは指先でトントン弾く。

 

熱収縮チューブは

安い

入手しやすい

扱いやすい(ハサミで切れる)

中身が見える

といまのところまったくストレスないです。

2013/05/07追記:現在はタピオカを飲む用のストロー(直径13ミリ)を使用中

 

もっといいやり方あるぞーっていうのあったらおしえてくらさい。

コメント欄にも画像貼れるようにしましたし。

 

Be the first to like.

No tags for this post.

Leave a Comment

Optionally add an image (JPEG only)