snowscootとFlyfishingとフクロウのブログ

2012/05/23 曇り時々アメ

はいはい。朱鞠内より帰ってまいりました。

いつもより出発が遅くなり、さらに高速(旭川以北が)工事で通行止めのため、朱鞠内での就寝は夜中の1時。

3時過ぎには起き、準備し4時の渡船に乗り込む。


行き先はH大島。帰りの船は2時便とMAX便(日没まで)と迷ったが、MAX便でお願いした。

風はない。べた凪だ。


今回初投入のスリーセクションスペイライン(#11、12を2mカットし38gにしたもの)が思いの外投げやすく。うれしい。
数頭目でウグイが釣れた・・・キューキューと鳴くのでQちゃんと呼んでいる。

さらに数頭目で40ぐらいのアメマスが釣れた。
普段ならうれしいんだけど、ここではイトウ以外はあんまりなので、写真も撮らずにさようなら。

11時ごろお湯を沸かし、カップラーメンとおにぎりを食べて、ちょっと横になったところで記憶がなくなった。気がついたら12時。顔を虫に刺されてかゆい。

相変わらずの曇り、べた凪。
釣りを開始してすぐに40ちょいぐらいのアメマス。写真も撮らずにさようなら。

その後サクラらしき群れがやってきて断続的にアタリはあるが乗らない。
いいの。イトウさん以外には用は無い。

いや、やっぱりちょっとあそんで欲しかった。

4時頃、隣にいた同行者が痛恨のばらし。明らかにイトウとわかる引きだった。さらにもう2度のアタリがあるも乗らず。

さらに南東の風が吹き、急に生命感が出てきてテンションが上がる。

いよいよやってまいりました~!
そろそろ例のドスン!がくるんだろなぁーと続けるが、あえなく午後7時のタイムアップ=日没。

14時間の死闘はQちゃん1 アメちゃん2 に終わりました。


前浜に戻ったところで杉坂さんが、「昨日の夜は雲のない満月だったから今日は厳しかったのかもね」と。夜のうちにたらふく捕食できるから、日中は厳しいらしい。

モンゴルのタイメンやってる人も同じ事を言うとのこと。
なるほどなぁ。勉強になりました。


他の収穫は、スペイキャスティングが少しずつ分かってきたおかげで、朝から夕方まで変わらない飛距離を安定して投げれるようになったこと。筋肉痛にもならなかったし、こりゃいいや。




んで、帰りの高速は士別剣淵~深川まで通行止めと・・・
今日は廃人になりました。


来週1人でリベンジ行くかな。ボソッ

Be the first to like.

Leave a Comment

Optionally add an image (JPEG only)