snowscootとFlyfishingとフクロウのブログ

パウダーボード The day – flying fish – リリースのお知らせ

The day – flying fish




リリースのお知らせ。
The dayって・・いやーん。ネーミングも見た目もいいじゃない。
ボードのみは限定10枚、完成車は10台30台 だそうです。
こりゃ瞬殺でしょう。


詳細はあんそにさんのところで。


追記
以前スクート業界(?)でも書きましたが。。。

どこかでえらい人が 「ある企業1社がシェアを独占することは企業にとってはよくても消費者にとってプラスにはならない。 2社でもよくない。競争が起こり、”勝ち”と”負け”が生まれるだけだ。 3社はいい。3社あれば、そこに”業界”ができるからだ。」って言ってた



いままではスクート2社+スノーモト1社だったのが、ようやくスノーバイク3社になった感じがします。

フェリーノがんばれ。

Be the first to like.

2 Comments

  1. ほぼ瞬殺だった。。。フレームセットの方から何本か回してもらえそうだからまだ受付中。
    世界的に見れば7社くらいあるけど日本は地理的な物もあって閉鎖的(別に閉鎖してるわけじゃないけど)になってしまうよね。
    このご時世でウィンタースポーツ業界に乗り出してくるのはだいぶリスキーだけどどこか物好きな会社はないもんかね。

  2. おお。やはり瞬殺でしたかー!
    タイミング的には絶妙だし
    ネーミングもルックスもいいなんて、まるで小栗旬みたいじゃないかー

    と時事ネタを間に挟み込んでみました。



    しっかし、乗り心地がまったく想像できない10万超えのボードが瞬殺って、どんだけ飢えてんじゃい? これって健全なのか不健全なのか良くわからないけど、コアなマーケットはあるよ。確実にね。

    そのマーケットを食いに、スノーボードメーカーが「好評だった、あのパウダーボードをスクート用にアレンジ」とかいって同じモデルを少ロット生産してくれると面白いんだけどな。


    なにはともあれ、ここまでとんがったボードは初めてなわけで、
    「スノーバイク新時代の幕開けじゃ!酒じゃ酒じゃ!」
    とニヤニヤが止まりませんのよ。奥さん

Leave a Comment

Optionally add an image (JPEG only)